「キャリーH」でアスリートライフを実践していく 「チーム・キャリーHアスリート」
トライアスロン現役トップ選手など豪華な顔ぶれのスペシャルチームからのメッセージです。

白戸 太朗

白戸 太朗

スポーツナビゲーター、 アスロニア代表

水素水は何年か前からサーバで利用して日々飲んでいるので、効果があることは分かっているんです。 ただ、サーバで水素水を作っても、容器に入れて持ち運んでいるうちに水素がもれてしまいますから、 持ち運んでも水素が保てるというCarryHにはすごく期待しています。今日は水源にある工場を見学させていただいて、技術を開発された河二さんの話を聞くこともでき、 ナノバブル水素水について理解を深めることができたので、期待がさらに高まりました。

山本 淳一

山本 淳一

トライアスロンコーチ、 トライアスロン元アジアチャンピオン

まだ飲み始めたばかりですが、寝起きが良く、これまでと比べて身体のむくみが軽減されるといった変化が感じられました。さらに飲み続けてみたいですね。河二さんがおっしゃっていたやり方で、1カ月ごとに飲む/飲まないを繰り返すテストをしてみたら、疲労回復などの違いが分かると思います。選手時代からコンディショニングの方法を色々ためしてきましたが、水というのはとりやすいのが魅力。身体に必要な水分をとりながら、疲労回復が期待できるのは、ありがたいですよね。

山本 良介

山本 良介

北京五輪トライアスロン日本代表選手、 日本トライアスロン連合強化指定選手

CarryHを一定期間トレーニングのルーチンの中で試してみたいと考えています。飲むタイミングも朝なのか、トレーニング中なのか、食事中なのか、寝る前なのかなどテストしたいですね。サプリメントは栄養士と相談しながらトライして、良いものを導入してきましたが、今回もパーソナルトレーナーなど知識のある人と話し会いながらテスト・評価していくつもりです。

酒井 絵美

酒井 絵美

2015 全日本トライアスロン宮古島大会優勝

CarryHを飲み始めて1カ月くらいになります。私は夕飯のときに必ず1本(300㎖)飲むようにしています。飲み始めたのがちょうど宮古島トライアスロンに向けてのハードなトレーニングの時期だったのですが、疲れを次の日に持ち越さなくなり、毎日、フレッシュな感じで、ハードにトレーニングを積むことができました。

中島 靖弘

中島 靖弘

湘南ベルマーレトライアスロンチームコーチ、日本体育大学トライアスロン部監督

CarryHを飲んでいると、朝の目覚めがすごくいいんです。お酒を飲んだ日の翌朝はすごくつらいじゃないですか。 でも、Carry Hを飲んでいると、あのだるさが和らぐというか、前日にお酒を飲んでいないみたいに爽やかに起きられます。寝起きがいいとモチベーションが高くなり、指導にも力が入ります。おかげで戸原(開人)が、宮古島で優勝することができ、オリオンビールを1年分、いただきました(笑)。

竹谷 賢二

竹谷 賢二

アテネ五輪日本代表選手、 元MTB全日本チャンピオン、 サイクルアドバイザー

年齢が高い人は活性酸素対策をしたほうがいい。なんとかくダルイとか、やる気が出ないと集中力が落ちるので、トレーニングの効果が下がってしまいます。 以前、活性酸素対策として、ポリフェノールのサプリメントを摂っていたことがあり、それをやめてから、歳なのかなと、やり切ったのかなという感じがあったのですが、CarryHを飲み始めて1カ月くらいなのですが、ポリフェノールのサプリメントを摂っていたときと同じような感覚が戻ってきました。

CarryHは富士山の天然水を使用した高濃度水素水です。水素はこの世で一番小さくて軽い物質であり、水中に閉じ込めておくことが非常に困難な物質です。CarryHでは水素の気泡をできる限り小さくするナノバブル技術を採用することにより、他の水素水よりも長期間、高濃度の状態を保つことに成功しました。また、水素水は長く飲み続けることが大切です。お客様に長く飲み続けていただくために、CarryHはおいしさにもこだわり、原料として富士山の天然水を使用したり、通販で大量購入して、長期間保存しても水素が逃げにくいように、4重構造のアルミパックを採用するなどの工夫をしています。

PAGE TOP

ご購入はこちら

HOME
キャリーHの特徴
└ 品質へのこだわり
└ 製法へのこだわり
└ 原水へのこだわり
ごあいさつ
マスコミ紹介
アスリートからの声
ヘルプガイド
└ はじめてご利用の方へ
└ よくあるご質問
└ お問い合わせ
定期購入
商品一覧
└ キャリーH
└ キャリーバランス
× メニューを閉じる